background.png

定着支援のためのキャリアコンサルティング

集合研修と個別コンサルティングのハイブリット効果で
主体性の向上を支援

キャリアコンサルティングは、階層別研修や能力開発及び新人研修等、

​人材育成・組織開発・新卒採用の課題に合わせたカスタマイズが可能です。

内定者フォロー

新入社員研修

ミドル社員研修

リーダー研修

若手社員研修

​キャリア研修

管理職研修

能力開発研修

第一部

​高

自己の確立

STEP1.

Awareness

in Work life

​(自己への気づき)

STEP2

For my

sustainability

(プランニング)

第二部

STEP3

Reflection

(研修の振り返り)

STEP4

PDCA Consulting

(行動の振り返り)

STEP5

Last Consulting

(意思決定支援)

個別コンサルティング (外部コンサルトによる対面)※月1回 / 3〜6ヶ月

​※外部コンサルタントとは、国家資格キャリアコンサルタント保有者です。

主体性の向上と意思決定へ

1日WS
(1回目)

自己理解 / 経験理解

意思決定

方針の実行⇄啓発的経験

1日WS
(2回目)

再度の意思決定

キャリア形成  / 確立

個別相談 (セッション)

集団研修と個別コンサルティングの実施が特徴で、長期にわたる個人への関与を行うことで「働きざま」を構築し、主体的な行動変容・意思決定の体験をさせる2部構成です。

 

意思決定に最も重要なのが「自己の確立」です。そして確立の過程で自己を深く考え、確立する「自己」を意識的に持続し無意識化することは、「個人のみの啓発行動」や「能力開発への挑戦」では、変化を起こすことは大変困難です。

このプログラムでは、確実に変化を起こすため、集合研修実施後に必ずキャリアコンサルタントが個人対応の「セッション」を定期的に実施。

​第3の支援、つまり伴走する支援者をプログラムのフローに組み込むことで、「より深い自己の確立」を促進させ、主体的な行動変容と意思決定を可能にします。